活動レポート

第9回 道東大家塾 2019/05/12(土)
第10回 道東大家塾 2019/05/13(日)

JーレC認定勉強会

第一部「ホームステージングで空室改善!」
講師:合同会社ロックアップ
業務執行社員 工藤正和氏

第二部「明日から実践出来るひと工夫で満室にする為の掟
講師:満室プロジェクト株式会社

代表取締役 上田正人氏

 皆様、大変ご無沙汰しておりました。
 お久し振りの道東大家塾ですが、道東で活躍している3名が副塾長として加入し、新たな布陣での船出となりました。
 どうぞ宜しくお願い致します。


  

 また、大変お恥ずかしい話なのですが、第8回から今回まで、相当の時間が経過してしまっていたため、第9回が欠番となってしまいました。
 このまま「幻の第9回」が伝説になってしまうと、主催者の我々は「第9回って、いつ開催したの?レビューはどうして載せないの?」と、永遠に幻の存在を追及され続けることとなり、後世に理由を語り継がなくてはいけなくなってしまいます。
 このことから、今回、令和最初の道東大家塾が開催された5月12日(北見市)を便宜上「第9回」としまして、同じ内容で翌日行われました5月13日(帯広市)を「第10回」とすることで辻褄を合わせることと致します。
 恥ずかしさのあまり、字も小さくしております。皆様どうぞご了承下さい。

 第1部は、2018年にホームステージング専門の法人を設立し、北海道で初めて(一社)日本ホームステージング協会が認定するホームステージャー2級認定講師となった、合同会社ロックアップの工藤正和さんにお越し頂き「ホームステージングで空室改善!」と題して、ホームステージングについてご自身の物件で施工した経験、データや実例を基にお話頂きました。
 
 専門誌でもこの「ホームステージング」という言葉を見かけるようになったのは、ここ1~2年と言ったところですが、この演出方法を実践する際のコツ、考え方など、ただ空き部屋に家具を置くだけではなく、どのような人に住んでもらいたいのかを想いながら設えることによって、空室対策として非常に有効な手段であることが理解出来ました。

 続いて第2部は、札幌で管理戸数600戸以上の管理会社を経営されている満室プロジェクト株式会社代表取締役の上田正人さんをお招きし「明日から実践出来る!ひと工夫で満室にする為の掟」と題しまして、実際に行われている「ひと工夫」を、実際施工された多数の写真と共に教えて頂きました。

 どうしても自身の物件の年数が経過すると、新築物件と比較されることで家賃を下げざるを得なくなるなど対策が限られてしまう中「フルさを消す」リフォームを施すことで、闘える物件にすることが可能である、という様々な掟を学ぶことが出来ました。

 奇しくも、1部、2部とも共通していたのは「入居者のターゲットを決める」ということでした。
 今までの賃貸経営は「待ち」の姿勢でしたが、これからはオーナーが「どのような入居者に住んでもらいたいか、ターゲットを決めた上でリフォームやホームステージングを行う」ことで、個性的な空間を演出し、入居者に対してアピールをすることで、人口減、世帯数減にも負けない賃貸経営が可能となる、ということを2名の講師から学びました。

BACKNUMBER

第10回 道東大家塾「ホームステージングで空室改善!」「明日から実践出来るひと工夫で満室にする為の掟」

2019.05.12~13 北見市民会館・とかちプラザ

道央、道東を中心にホームステージングを専門に取り扱う合同会社ロックアップの工藤正和さんと、札幌市で多数の賃貸物件を管理している満室プロジェクト株式会社の上田正人さんをお迎えし、それぞれの視点から「空室対策」について語って頂きました。

繁忙期を過ぎると、もう打つ手がなく、次の繁忙期を待つだけなのか?
必ずしもそうではないのであれば、どのような対策があるのか?
お二人のお話には、満室経営のヒントが沢山詰まっていました。

詳細

第8回 道東大家塾「首都圏の不動産市場、東京近辺の賃貸管理、アパマン経営の【軸(スタンス)】など」

2017.09.17 帯広商工会議所

東京の三鷹で大家塾を古くから開催されている大川克彦さんにお越しいただき、大きく分けて3つのテーマでお話しいただきました。『首都圏の不動産市場』 『東京近辺の賃貸管理』 『アパマン経営の【 軸(スタンス)】 』についてです。

 特に皆さんに重要なお話は最近の物件高騰に伴う、首都圏東京の不動産状況です。札幌の不動産価格は首都圏の高騰の影響から大きく値を上げていますし、主な購入者も首都圏の方が目立ちます。
道東大家塾に参加している方にとっても、不動産売却、購入に対して、大きく関係することだと思います。その中で現在までの物件状況別解説などと行った市場予測もお話していただきました。

第7回 道東大家塾「金融機関担当者が語る不動産融資・審査のポイント」「SUUMOで勝ち抜くポイント」

2017.07.29 帯広商工会議所

第1部は不動産のファイナンス部分について、十勝信用組合審査部の清水様にお越し頂きまして、審査のポイント、最近の動向などをお話頂きました。
第2部は、東京から(株)リクルートの小泉様にお越し頂き「賃貸マーケットにおける探し方の最新トレンドとSUUMOで勝ち抜く為のポイント」というテーマで、帯広市での検索データを基に、ここでしか伺えないお話をたっぷりとお話頂きました。

  詳細

第6回 道東大家塾「第2回カモネギ脱出ゲーム会」「楽しみながら行う空室対策実践例」

2016.07.09 とかちプラザ

第1部のカモネギ脱出ゲームは、不動産実務検定(大家検定)の公認ゲームともなっております。
このゲームを通じて、初心者の方は不動産投資の疑似体験ができますし、すでに投資している方はスキルの向上、戦略の再確認になります。また、第2部では、「楽しみながら行なう空室対策実践例」をテーマに、神奈川在住の大谷ちひろ様にご来帯いただき、入居付けにとても不利な物件を、できるだけコストをかけずに上手に満室物件に変化させてしまうところなどをご講話いただきました。

詳細LinkIcon

第5回 道東大家塾「実家から始めたシェアハウスを約10年経営してわかった事」「保険屋大家が考える 大家さんの為の火災保険」

2016.04.17 帯広商工会議所

シェアハウスを自主管理するノウハウには、賃貸住宅を上手く運営するヒントが山盛りです。
物件高騰の中、もしかしたら、道内で数の少ないシェアハウスには、まだまだチャンスがあるのかもしれません。
第2部では、現役の大家でもあり、火災保険専門の保険代理店を経営する損保の専門家 大川篤志さんが大家さんの為に本当に必要な火災保険についてお話します。

詳細LinkIcon

第4回 道東大家塾「『不動産投資』ではなく『不動産経営』を!」

2016.02.28 とかちプラザ

一棟時点で独立起業し、融資を使って区分54戸を大人買い(1棟55戸)したのが星島さんの不動産事業の始まりでした。
現在星島さんは岡山を中心に大阪や九州に合わせて12棟300室以上を所有している、まさにメガ大家です。
もともと企業コンサルティングの仕事をしていた星島さん。
ビジネスセンスを活かして、物件所在地に「経営チーム」を立ちあげ、そして運営していく手法は、非常に有名です。

詳細LinkIcon

第3回 道東大家塾「空室対策はお金よりアイデアです」

2015.11.08 とかちプラザ

傍島啓介さんは、私と同じく日本不動産コミュニティーの不動産実務検定の講師です。
実は凄腕の退去立会いで有名です。
その数、なんと6,000件。
毎日1件の立会を行ったとしても16年もかかる件数なのです。
元々ハウスクリーニングの営業にと始めた賃貸住宅の退去立会いは、
わかりやすく揉めないと定評がありました。
そんな傍島さんに、自身の経験を活かした空室対策のノウハウを語っていただきました。

詳細LinkIcon

第2回 道東大家塾「J-REC公認 カモネギ脱出ゲーム」

2015.10.04 とかちプラザ

加藤茂助さんこと加藤隆さんの出版記念講演会とカリスマ投資家養成ゲーム(通称カモネギ脱出ゲーム)体験会を開催しました。
カモネギ脱出ゲームは、初心者向けで楽しみながら不動産の深い知識や経験を得ることができるゲームです。
初心者の方が不動産投資を疑似体験でき、すでに投資している方でもスキルの向上や戦略の再確認になりました。

詳細LinkIcon

「久保力也氏 記念講演 デキる大家が日本を笑顔に、元気にする!」

2015.03.21 とかちプラザ

不動産業として大家としてだけでなく人としてどう考え行動するべきなのか?
どうすれば多種多様な人を巻き込み同じビジョンに向かってすすんでいけるのか?
なかなか踏み出せない、その一歩を踏み出すにはどうしたらいいのか?
大家としてどのように社会に関わっていくことが自身の未来に効くのか?
大家が変われば、日本が変わる。
そう確信し行動している久保力也さんが、彼の行動の原理原則を赤裸々に語りました。

詳細LinkIcon